インプラント治療の概要

一般に言うインプラントとは歯科インプラントのことで、顎の骨の中に人工歯根を埋め込む手法のことをいいます。この手法は世界的には3世紀のローマにおいて行われていたことが確認されています。


この技法は、虫歯、歯槽膿漏、外傷などによって歯を失ってしまった場合に行われます。この手法では顎の骨に埋め込んだインプラント体のねじ部分に義歯を固定します。

歯が抜けた場合には、この手法の他にブリッジによる治療や入れ歯をつけることが行われますが、インプラントは入れ歯と比較して、しっかりと固定できるため自分の歯と同じような感覚で生活することができます。

今すぐ見つかるYoutubeを情報を幅広くご活用下さい。

またブリッジの場合にある違和感も比較的少ないです。つまりこの手法は最も自然な形で生活できることが利点となっています。

仙台のインプラントの情報検索ができます。

しかし欠点もあります。

まず手術が必要になることが欠点として挙げられます。つまりある程度体力のある人でなければこの治療は受けることができません。

また治療期間が長く、治療にかかる費用も高額となることが欠点となっています。


さらに、顎の骨にシリコンを固定するので、化膿などによって顎の骨が少なくなってしまっている場合などではこの治療を受けるのは難しいです。

こだわりの高い仙台のインプラント情報を見付けていただくため、様々な情報を集めました。

さらに天然の骨と比較して感染も起こりやすくなります。
このように利点も欠点も沢山ある治療法です。

ただ自然な形で食事を摂ることができるのは大変魅力的なことです。
歯の状態など条件が合う方は是非行っていただきたい治療法です。